40代の保湿化粧水の選び方

保湿化粧水選びも数が多く大変ですよね。

とくに40代は肌の状態を考えて選ぶ必要があります。

そこでここでは40代にピッタリな保湿化粧水の選び方を見ていきましょう。

肌に合った化粧水選びとは

年齢を重ねていくごとに、肌にはトラブルがあらわれやすくなってきます。

特に40代から目立ちはじめる肌トラブルにはシワやシミ、肌のたるみなどがあげられます。これらを予防していくためには、自分にあったスキンケアアイテムを工夫して使うことが大切になります。

エイジングケアを意識してスキンケアアイテムを選ぼうと思ったら、まずは化粧水の選び方から工夫してみるのがおすすめです。

化粧水は洗顔後、1番最初に肌につけるものなので、上手に選ぶことで美容成分の浸透を高めることが期待できるからです。さらに、化粧水は多くの場合、朝と晩の2回使用するので、適切なものを選ぶことで肌トラブルを効果的にケアすることが可能です。

若いころと40代での化粧水の選び方では、肌の状態が大きく変わっていることを理解する必要があります。

まず注目するのが、女性ホルモンの分泌量です。40代では女性ホルモンの分泌が大きく低下し、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。その結果、肌の状態が不安定となり、乾燥や炎症などのトラブルがあらわれやすくなります。

さらに、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが少なくなると、コラーゲンの量も少なくなるので注意が必要です。これにより、肌の張りや弾力、ツヤがなくなるというトラブルが出やすくなります。

これらの症状をケアしていくには、保湿化粧水の利用が効果的です。

保湿化粧水は洗顔やクレンジングをした直後に使用するスキンケアアイテムで、減少した保湿成分を補うとともに、その後の美容液や保湿クリームなどの浸透率を高めるという働きがあります。

40代以上の女性に向けて、エイジングケア効果の高い保湿化粧水が数多く販売されているので、うまく使うのがポイントです。

成分表の重要性

40代の保湿化粧水の選び方のコツとして、まずは自分の肌質を理解することが大切です。

肌質は大きく分類すると普通肌、乾燥肌、オイリー肌の3つのタイプに分けることができます。

年齢を重ねると、多くの女性は乾燥肌の傾向が高まるのが特徴です。

乾燥肌は外からの刺激に反応しやすい状態になっています。ですので、肌に優しい化粧水を選ぶようにしましょう。

そのためには、成分表をチェックすることが大切になってきます。

香料や防腐剤、アルコールや着色料などが配合されていないものを選ぶことで、ヒリヒリとした痛みや炎症を抑えることが期待できます。

エイジング効果のある美容成分にビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体はシミやソバカスなどの美白ケアに優れた成分ですが、皮脂の分泌を抑えたり、刺激があるのが特徴です。

なので、保湿ケアに重点を置きたい場合は肌を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

保湿成分を意識

化粧水におすすめの保湿成分としてナールスゲン、ネオダーミル、プラセンタエキスなどがあります。

ナールスゲンは、肌の真皮にある線維芽細胞を活性化させる働きがあります。ですので、意識して補っていくことでコラーゲンやエラスチンなどが生成しやすい状態へと整えることが期待できます。

ネオダーミルは、メチルグルコシド6リン酸とグリセリン、水、銅、リシン、プロリンを混ぜ合わせた新しいエイジングケア成分です。

ナールスゲンと同様にコラーゲンやエラスチンの生成を促すのが特徴で、中でもⅢ型コラーゲンを増やす働きがあるのが大きなポイントです。

プラセンタエキスは、哺乳類の胎盤から抽出することができる成分です。肌の新陳代謝を高めることが期待でき、摂取していくことで肌の張りやキメ、たるみなどの老化症状を緩和することが期待できます。

プラセンタエキスは、健やかな肌の生成を促すことができるので、保湿効果が高いと同時に、抗酸化や美白の効果も高いのがメリットです。”

まとめ

化粧水は成分表などにも気をつけて選びんでいきましょう。

40代でもきめ細かな肌を保っていたいですよね。

以上、40代の保湿化粧水の選び方でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする