20代の保湿化粧水の選び方

20代は乾燥に強く、どんな化粧水でも良いと思われがちです。

将来の肌に影響ある正しい選び方を見ていきましょう。

20代でも保湿がポイント

20代の肌は若々しくみずみずしいイメージです。でも20代後半に近づくにつれ、乾燥やシミなどの肌トラブルも増えていきます。

若いからと言って侮らず、20代のうちからきちんとお手入れをすることで、将来の肌に違いが出てくるのです。

肌のお手入れにとって一番大切なのはスキンケアです。やはりスキンケアで、綺麗な肌のベースを作ることが重要なのです。

まだ乾燥などが気にならない人も多い年代ですが、化粧水は保湿化粧水がおすすめです。

スキンケアの要となる「保湿」。これをにポイントを当てましょう。乾燥する原因は様々あります。

年齢と共に皮脂分泌が少なくなることも原因のひとつですが、日焼け・食生活・睡眠不足などでも乾燥を起こします。

一見ニキビができやすい人も、実は皮脂を取りすぎることが原因の隠れ乾燥肌のこともあるのです。そのためどんな人にも保湿は欠かせません。保湿化粧水も色々種類が多く、どれが良いのか選び方に悩むでしょう。

まずまだ乾燥が進んでいない20代の人は、基本的にノーマルタイプの保湿化粧水で良いでしょう。

季節に合った化粧水選びをする

同じ化粧水で、さっぱりタイプ・しっとりタイプの2種類があるものは、しっとりタイプを選ぶだけで随分肌触りが違ってきます。

日中外にいる事が多い人や、オフィスで乾燥しやすい人は、コラーゲン入りやヒアルロン酸入りがおすすめです。肌を十分に潤わせ、ハリの違いも感じるでしょう。

海やレジャーが好きな人は、今は見えなくても年と共にシミが目立ってくる恐れがあります。若い頃の日焼けは知らないうちに、シミの元になっているのです。

できてしまったシミは、簡単には消す事ができません。そのため20代の今からケアをすることで、シミが出来るのを防ぐ効果があるのです。

気になる人は美白タイプの化粧水を選びましょう。日焼けの後に、コットンに含ませ肌に乗せておくとパックにもなります。

美白化粧水は基本的に保湿効果が高いので、しっとりさせるには向いているのです。冬場などカサつきやすい季節は、とろみのある化粧水も良いです。

トロッとしている分肌に密着し保湿効果を高めてくれます。ニキビができやすい人も隠れ乾燥肌の可能性があるので、さっぱりタイプより保湿タイプを使う事で改善されるかもしれません。

中にはアンチエイジング効果のある化粧水もあります。このタイプは保湿力の高い物が多いです。

でも20代前半の人はまだ意識して選ばなくても大丈夫です。25歳を過ぎるとお肌の曲がり角がやってくるので、そろそろ使っても良いでしょう。

選び方のコツとしては、自分の肌質を良く知ることです。自分の肌に一番相性の良い物を選ぶには、肌を知ることが大切です。

化粧水と乳液の関係

何を改善したいのか、将来どんな肌になりたいのかを良く見極めましょう。また、同じ年代でも前半、後半にもよって肌の水分量も違ってきます。

30代が近づいて来たら、化粧水を見直してください。良い物を選んでも、ただ付ければ良いわけではありません。

正しいやり方をしないと、効果も半減してしまいます。化粧水をつけた後は必ず乳液を付けるように。乳液を付けないと、せっかく化粧水で保湿しても水分が飛んでしまうのです。

つまり化粧水で水分をあたえた後に、乳液でフタをすると言う事なのです。オールインワンタイプはそのままでも大丈夫ですが、化粧水のみの場合はこの基本を忘れずに行いましょう。

若いうちは肌に自信があり、スキンケアを怠ったり適当に選んでしまいがちです。

30代を越すと一気に肌質が衰えることも多いので、いつでも将来を見越したスキンケアを大事にしてください。

今から基礎をしっかり作っておけば、年を重ねた時に周りから一目置かれる肌になるかもしれません。

まとめ

潤いが十分な20代はニキビ対策に注意していきたいですね。

若いからと手入れを怠たらないようにしていきましょう。

以上、20代の保湿化粧水の選び方でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする